アルバイトの履歴書 書き方・例文集

企業の採用担当者が教える、受かるアルバイトの履歴書書き方と例文を連載中!

塾・家庭教師の求人で使える志望動機の例文、アピールしたいポイント まとめ

1478749352333888

さて、今回は塾講師や家庭教師の求人に使える、志望動機や自己アピールの仕方をまとめました。
時給が高いので学生さんに人気のアルバイトですが、最近は競争も激しくなってきているので、しっかり他の人との違いを打ち出していきましょう。

<スポンサーリンク>


塾、家庭教師に応募する時のポイント

集団指導の塾、個別指導の塾、個人向けの家庭教師では、やはり求められるものが少しずつ違います。
しかし、履歴書を書く段階では、実はさほど大きな違いはありません。「子供に伝わるように教える」。これが一番重要で、何よりアピールしなければいけない点になります。
また、ベテランの経験者がライバルではなく、ほぼ同期の人ばかりがライバルという点も、他のアルバイトと大きく違う所かも知れません。

塾、家庭教師への応募でアピールしたいポイント

・まずは学力。何よりもこれが必要です。塾によっては、最低ランクはここと決められている所もあります。
・得意な科目。これは確実に決めていった方が良いでしょう。 しかし、「一教科しかできない」はNGです。
・人にわかりやすく伝える能力、上手く話をまとめる能力。これが一番大切です。

塾、家庭教師での志望動機の例文

<例1>

「私は、高校ではクラスの友人に勉強を教えてほしいと頼まれ、よく英語を中心に教えていました。実際に友人達の成績も上がり、教える事が楽しいと気づき、この仕事に応募しました」

<例1>のポイント
家庭教師や塾講師の志望動機としては理想的な文です。「勉強が出来る」「人に教えた経験がある」「教える事は楽しい」、しかも「結果も出た」と4拍子そろっています。こういった形に持っていければ、合格率は上がると思います。

スポンサーリンク

<例2>

「以前は自宅に近い子供達に向けて、家庭教師をしていました。より自分の教えるスキルを伸ばしたいと思い、今回、集団指導の求人に応募させて頂きました」

<例2>のポイント
教育業界の経験者が、違うタイプの教え方の仕事へ挑戦する時の書き方ですね。基本はやはり「自分の教える力を伸ばすために挑戦したい」のようなポジティブな書き方が良いかと思います。

<例3>

「私は海外留学の経験から、英語が好きになり、これを仕事にしたいとずっと思っておりました。英語専門として子供達の英語力向上のお役にたちたいと思い応募しました」

<例3>のポイント
英語など、分野に絞って書く例です。しかし、一般的な塾では余程の高いスキルがない限りは、やめておいた方が良い書き方です。自分の実力に自信がある時で、一点突破したいときだけ、この書き方を使うようにしましょう。

塾、家庭教師の求人に受かりやすい人の例

・やはり学歴が高い人の方が受かりやすい
・話し上手な人は受かりやすい。面接で話している時のしぐさや、話のわかりやすさは見られています。
・人好き。これも大切な要素です。

まとめ

大学生で、家庭教師や塾講師が出来る自信のある方は、ぜひ一度チャレンジして頂きたい職種のひとつです。
社会人になる時に確実に役立ちますし、就職活動でも何かと有利です。チャンスのある方はぜひ!

相談コーナー:「良いバイトって、どうやって探せばいいですか?」 →お答えします!

バイト探しで求人を見ていると「いい事が色々書いてるけど、本当なの?」と思う事が多いですよね。ブラックなバイトに当たらない方法は、実はあります。

それは、応募前に「ブラックっぽい」バイトがわかるアプリを使っておく事なんです。

編集部調べ! 「ブラックを見破るバイト探しアプリはこれだ!」

応募前に雰囲気や受かりやすさがわかるバイト探しアプリを、編集部が調べた結果…、ベストアプリはタウンワークでもanでもなく、「バイトル」でした!

<その3つの理由は…>

1.先輩たちの顔や雰囲気を動画で見られるので、「この人たちのノリは無理…」なバイトを避けられる!

2.そのバイトの競争倍率(受かりやすさ)を見れるので、受かりにくいお店が一目でわかります。(応募バロメーターをチェック!)

3.そもそも「これ無理でしょ…」的なバイト(ブラック系)の掲載が少ないので、応募しやすい!

バイト探しで失敗したくない時には、すぐ使っておきたいアプリでした。もちろん無料ですよ。

バイト 求人情報 アルバイト探しアプリのバイトル
バイト 求人情報 アルバイト探しアプリのバイトル
無料
posted with アプリーチ
<スポンサーリンク>

 - 同じカテゴリの記事 :【職種別の志望動機、自己PR例文】
 - 同じキーワードの記事: