アルバイトの履歴書 書き方・例文集

企業の採用担当者が教える、受かるアルバイトの履歴書書き方と例文を連載中!

警備・誘導の求人で使える志望動機の例文、アピールしたいポイント まとめ

1478746501333872

さて、今回は警備・セキュリティの求人に使える志望動機や自己アピールの仕方をまとめました。
仕事内容が比較的難しくなく、ずっと立つイメージがありますが、実際は警備する物、誘導する内容によって意外と仕事内容が変わります。
ポイントは「どういう警備をするのか」をイメージしておく事で、受かる確率をアップさせる事です。

<スポンサーリンク>


警備・誘導に応募する時のポイント

警備というと、ビルの入り口で警備員の服を着て、じっと見つめるだけの仕事と思われがちですが、他にも多くの種類があります。大まかに分けると、このような形です。

  • 交通誘導 :通行止めの道路や工事現場などで車や人を誘導する仕事
  • 雑踏警備 :ライブやコンサート会場の入口近辺で人を誘導する仕事
  • 施設警備 :企業のビルやマンション、公共施設の出入り口での警備や巡回

外で人や車を誘導するパターンや、ビル内で守衛室の中で働くパターン、その他に駐車場などのスペースでの管理など、色々と種類があります。

警備・誘導への応募でアピールしたいポイント

・やはり体力重視の仕事ですから「健康」「タフ」というアピールが効きます。
・運動部の経験はプラス。年齢は若い方が良いですが、シニアの採用にも比較的寛容です。
・野外での仕事経験や、立ち仕事の経験も意外とアピールになります。

警備・誘導での志望動機の例文

<例1>
「私は中学、高校と野球部でレギュラーをしていました。真夏も真冬も休みなく練習に励んでいましたので、タフさには自信があります。
 どのような現場でも長時間勤めたいと考えています」

<例1>のポイント
まずはやはり体力です。真夏の炎天下や、真冬の雪の中でもずっと部活をしていた経験は、それだけでも安心感につながります。
特に熱中症や風邪などで従業員が体調を崩すのを、警備会社は避けたいと思っています。そういうニーズにあうアピールが出来ると強いでしょう。

<例2>
「以前はコンビニでアルバイトをしていました。不審者への対応もその際に学びましたので、少しは経験を役に立てるのではないかと思います。
また、夜勤もしっかりこなしておりましたので、その経験も活かしたいと思っています」

<例2>のポイント
店舗で働く業務の場合は、お店によってはカラーボールを置いてあったり、不審者対策をしっかりしている所もあります。
そういった経験はしっかり話しておく方がプラスです。また、会社によっては夜勤もありますので、夜勤可能な応募者は歓迎されます。

スポンサーリンク

<例3>
「私は前職はテーマパークでの受付を行っておりました。素早く、間違いなくお客様をお通しする技術を活かせると思い応募しました」

<例3>のポイント
遊園地やコンサート会場など、ある時間帯に一斉に人が訪れる所で働いた経験は、雑踏誘導の仕事と相性が良いですからアピールになります。
また、受付の仕事は施設の守衛室などの仕事にも通じる所がありますので、書いて損はないでしょう。

警備・誘導の求人に受かりやすい人の例

・即戦力があまり多い業界ではありませんので、「警備や誘導に応用できる経験」をアピールしていく形がほとんどです。
・応用の聞きやすい職としては、遊園地などでの経験、パチンコやコンビニなど警備を重視した場所での経験、野外での体力仕事、イベント設営などでしょうか。
・中には高級マンションの管理室や、オフィスビルの守衛室など、冷暖房の効いた快適な環境での仕事もあります。屋外が嫌という場合はそちらを狙うのも手です。

まとめ

夏と冬が厳しそうなイメージがある職種ですが、その分、日払いOKであったり、Wワーク歓迎、シニアも歓迎といった、他ではあまり見かけない好条件もあります。
体力や仕事内容と相談しながら、短期で一気に稼ぐ場合に特に良い仕事かもしれません。

相談コーナー:「良いバイトって、どうやって探せばいいですか?」 →お答えします!

バイト探しで求人を見ていると「いい事が色々書いてるけど、本当なの?」と思う事が多いですよね。ブラックなバイトに当たらない方法は、実はあります。

それは、応募前に「ブラックっぽい」バイトがわかるアプリを使っておく事なんです。

編集部調べ! 「ブラックを見破るバイト探しアプリはこれだ!」

応募前に雰囲気や受かりやすさがわかるバイト探しアプリを、編集部が調べた結果…、ベストアプリはタウンワークでもanでもなく、「バイトル」でした!

<その3つの理由は…>

1.先輩たちの顔や雰囲気を動画で見られるので、「この人たちのノリは無理…」なバイトを避けられる!

2.そのバイトの競争倍率(受かりやすさ)を見れるので、受かりにくいお店が一目でわかります。(応募バロメーターをチェック!)

3.そもそも「これ無理でしょ…」的なバイト(ブラック系)の掲載が少ないので、応募しやすい!

バイト探しで失敗したくない時には、すぐ使っておきたいアプリでした。もちろん無料ですよ。

バイト 求人情報 アルバイト探しアプリのバイトル
バイト 求人情報 アルバイト探しアプリのバイトル
無料
posted with アプリーチ
<スポンサーリンク>

 - 同じカテゴリの記事 :【職種別の志望動機、自己PR例文】
 - 同じキーワードの記事: