アルバイトの履歴書 書き方・例文集

企業の採用担当者が教える、受かるアルバイトの履歴書書き方と例文を連載中!

ファーストフードの求人で使える志望動機の例文、アピールしたいポイント まとめ

81837_mini

さて、今回はファーストフード店の求人に使える志望動機や自己アピールの仕方をまとめました。
マクドナルドやKFC、ファーストキッチン、モスバーガー、ロッテリアなど、すぐにイメージできるお店が多いためアルバイトを考えた時、真っ先に浮かぶお店かもしれません。
そして店舗の数の都心部の場合はかなり多くなりますので、求人が多く、受かりやすい職種のひとつと言えます。

<スポンサーリンク>


ファーストフードに応募する時のポイント

飲食業ですので、調理の経験や、料理の知識がいると思われる方もおられるかも知れませんが、実際はそうではありません。
相当高いレベルでマニュアル化されていますので、「料理をする」というよりも、「手順通りに製造する」の動き方に近い部分があります。
全く料理経験がなくても受かってしまう方は大勢いますので、そこを気にする必要はないかと思われます。
むしろ大切なのは、マニュアルをしっかり覚えられる事、作業を素早く丁寧に出来る事、そして何より笑顔と元気がポイントです。

ファーストフードへの応募でアピールしたいポイント

・マニュアルがしっかりしていますので、まずはそれを完璧に覚える事が大切です。物覚えの良さは絶好のアピール材料です。
・丁寧に、素早く手を動かす必要がありますので、工場でのライン作業などの経験が意外にアピールにつながります。
・何より元気と笑顔が必要ですから、接客業の経験はそのままプラスのアピールになります。

ファーストフードでの志望動機の例文

<例1>
「以前は工場で部品の組み立てをしていました。マニュアルに沿って作業をするのが得意ですので、その経験を飲食業で活かしたいと思い応募しました」

<例1>のポイント
マニュアルに沿って正しく作業する、早く作業するという経験はプラスのアピールになります。たとえジャンルが全く違っていても、
「飲食業は未経験ですが、すぐに馴染めるように頑張ります」という一言をそえて、意欲を見せていきましょう。

<例2>
「以前はアパレルで接客販売をしていました。もっと多くのお客様に接客がしたいという思い、そして、調理の経験やスキルを身につけたいという思いで応募しました」

<例2>のポイント
接客の経験はすぐに役立つスキルですから、積極的にアピールしていきましょう。また、異業種からの初めて飲食業界に来るという場合は、
なぜ飲食業界やこのお店を選んだのかを付けておきますと、面接がよりスムーズに進むかと思われます。

スポンサーリンク

<例3>
「子供の頃から○○の味が好きで、何度も通って食べていました。今度は自分が接客する側として、好きなメニューに携わりたいと思っています」

<例3>のポイント
アピールする材料が見当たらない、という時は「ここのメニューが好き」という気持ちを前面に出してアピールする方法もあります。
なるべく、「自分が好き」以外にも、「お客様に喜んでもらいたい」など、お客様やお店にプラスになる一言もつけるとプラスになります。

ファーストフードの求人に受かりやすい人の例

・チェーン店での勤務経験は、業種が違っていても良く似ていますので、採用されやすくなります。
・接客の経験や、素早い作業、集中力などがある方は、採用されやすい傾向があります。
・お店の営業時間が長いですから、シフトにしっかり入れるというのもプラスの評価になります。

まとめ

知名度が高いですから、応募倍率も高いように見えますが、店舗数が多いため、そこまで高倍率にはなりません。
はじめての飲食業界デビューには向いているアルバイトと言えるかと思われます。また、意外と料理経験や調理師免許などがプラスになり辛い部分もありますので
「良い食事を作るぞ」というアピールは控えておく方が受かる確率がアップしそうです。

相談コーナー:「良いバイトって、どうやって探せばいいですか?」 →お答えします!

バイト探しで求人を見ていると「いい事が色々書いてるけど、本当なの?」と思う事が多いですよね。ブラックなバイトに当たらない方法は、実はあります。

それは、応募前に「ブラックっぽい」バイトがわかるアプリを使っておく事なんです。

編集部調べ! 「ブラックを見破るバイト探しアプリはこれだ!」

応募前に雰囲気や受かりやすさがわかるバイト探しアプリを、編集部が調べた結果…、ベストアプリはタウンワークでもanでもなく、「バイトル」でした!

<その3つの理由は…>

1.先輩たちの顔や雰囲気を動画で見られるので、「この人たちのノリは無理…」なバイトを避けられる!

2.そのバイトの競争倍率(受かりやすさ)を見れるので、受かりにくいお店が一目でわかります。(応募バロメーターをチェック!)

3.そもそも「これ無理でしょ…」的なバイト(ブラック系)の掲載が少ないので、応募しやすい!

バイト探しで失敗したくない時には、すぐ使っておきたいアプリでした。もちろん無料ですよ。

バイト 求人情報 アルバイト探しアプリのバイトル
バイト 求人情報 アルバイト探しアプリのバイトル
無料
posted with アプリーチ
<スポンサーリンク>

 - 同じカテゴリの記事 :【職種別の志望動機、自己PR例文】
 - 同じキーワードの記事: