アルバイトの履歴書 書き方・例文集

企業の採用担当者が教える、受かるアルバイトの履歴書書き方と例文を連載中!

アルバイト応募:自分らしい志望動機の見つけ方 

1446283236238781

さて、今回はアルバイトに応募する際の「志望動機」についてまとめました。

「絶対にこの店しか行きたくない!」という強い志望動機がある場合は、履歴書もたいへん書きやすいですが、実際なかなかそうはいきません。

とりあえず興味のある求人をいくつか応募してみて、連絡のあった会社に履歴書を送る…、というのが一般的ですよね。
その時に一番困るのは、やはり志望動機です。

そんなに「絶対行きたい!」という強い思いがなくても、何か書かなければいけません。
そんな時のための、自分らしい志望動機の見つけ方をまとめてあります。

<スポンサーリンク>


志望動機の見つけ方 その1:好きな物と結びつける

自分がぜひともやりたい、と思う仕事内容ピッタリであれば書きやすいのですが、そこまで完璧な求人はあまり多くありません。
そこで、「自分はこういう事が好きだ、得意だ、関わりたい」と思う物を出して、それを仕事につなげて書きますと、意外と書きやすい場合があります。

<例>
・人と話すのが好き、得意 →アパレルなどの販売、コールセンター、イベントPR

・スマホやPCは毎日使ってる →家電量販店、携帯ショップ、ゲーム販売店

・文具が好き → (文具も取り扱っている)書店、ハンズ、ロフト、雑貨屋など

・歌が好き → カラオケ、イベントスタッフ、CDショップ

・料理は好き → カフェ、ファミレス、居酒屋、レストランなど

自分が「これは好き」と思う物を、一部分だけでも取り扱っている会社なら、「○○が好きなので、それに関わりたいと思い応募しました」と書く事が出来ます。
このような「好きだから関わりたい」という志望動機は、かなり好意的に見られますので、志望動機としては書きやすい上に、好印象になりやすい形です。

志望動機の見つけ方 その2:○○の力をつけたい、経験を積みたい

先ほどの「好きだから」が使いにくいジャンルもあります。
例えば、「郵便局がとにかく好き」や「佐川急便が大好き」とは、なかなか志望動機に書きにくいものです。(読み手の方も、どういう理由でそうなっているのか理解しづらいと思います)

その1の例が使いにくい場合は、やはり「○○の技術や経験を身につけたい」という前向きな向上心をアピールする形で、志望動機を書く事が出来ます。

どの仕事にも、その仕事を続ける事で身に付くスキルや経験があるかと思います。それを「身につけたい」という形で志望動機にする事が出来ます。

<例>
・体力をつける仕事がしたい →運送業、工事現場関係、警備関係

・接客スキルを身につけたい →ホテル、飲食、アパレルなど

・人に伝える力を身につけたい →塾講師、家庭教師、PRスタッフ、コールセンター

・料理ができるようになりたい →居酒屋、レストラン、カフェなどの厨房職

・ビジネスマナーを身につけたい→ホテル、オフィス系事務職

こういった形で、「こういう経験、知識を身につけたい」という向上心をアピールしていく事で、自己PRもかねた志望動機となり、書きやすい形のひとつとなります。

スポンサーリンク

志望動機の見つけ方 その3:自分の過去の経験を活かしたい

正社員、派遣、パート、アルバイト どのような種類かは問わずに、以前に経験した仕事内容をそのまま志望動機に活かすという書き方もあります。
志望動機としては、これが一番魅力的に見えますし、採用される可能性も高い形です。
ただ、全く関係のない仕事のアピールはあまり効果が上がりやすくありませんので、未経験や異業種への応募であっても、なるべく共通点を見つけて、それを志望動機にしていく形がオススメです。

・以前のカフェスタッフの経験を活かしたい →(接客経験のアピールをしながら)飲食系、販売系、営業系、その他対面の仕事へ応募

・梱包業務の経験を活かしたい →(素早い手さばきをアピールしながら)運送会社、工場、配送センター、百貨店などへ応募

・コンビニでの勤務経験を活かしたい→(レジや商品管理のアピールをしながら)百貨店、雑貨店、書店、ホームセンターなどへ応募

こういった形で、「以前の仕事の経験を、次の職場でも活かしたい」という志望動機は歓迎されます。
また、志望動機と自己PRを兼ねていますので、相手にとても伝わりやすく、面接がスムーズにいくというメリットも大きい物があります。

まとめ

志望動機には、自分にあった物の見つけ方があります。自分の状況やこれまでの経験、今の気持ちや希望などと相談しながら、ぜひベストな志望動機を書きあげてくださいね。

相談コーナー:「良いバイトって、どうやって探せばいいですか?」 →お答えします!

バイト探しで求人を見ていると「いい事が色々書いてるけど、本当なの?」と思う事が多いですよね。ブラックなバイトに当たらない方法は、実はあります。

それは、応募前に「ブラックっぽい」バイトがわかるアプリを使っておく事なんです。

編集部調べ! 「ブラックを見破るバイト探しアプリはこれだ!」

応募前に雰囲気や受かりやすさがわかるバイト探しアプリを、編集部が調べた結果…、ベストアプリはタウンワークでもanでもなく、「バイトル」でした!

<その3つの理由は…>

1.先輩たちの顔や雰囲気を動画で見られるので、「この人たちのノリは無理…」なバイトを避けられる!

2.そのバイトの競争倍率(受かりやすさ)を見れるので、受かりにくいお店が一目でわかります。(応募バロメーターをチェック!)

3.そもそも「これ無理でしょ…」的なバイト(ブラック系)の掲載が少ないので、応募しやすい!

バイト探しで失敗したくない時には、すぐ使っておきたいアプリでした。もちろん無料ですよ。

バイト 求人情報 アルバイト探しアプリのバイトル
バイト 求人情報 アルバイト探しアプリのバイトル
無料
posted with アプリーチ
<スポンサーリンク>

 - 同じカテゴリの記事 :志望動機の書き方
 - 同じキーワードの記事: