アルバイトの履歴書 書き方・例文集

企業の採用担当者が教える、受かるアルバイトの履歴書書き方と例文を連載中!

アルバイトをもう辞めたい…と思った時、どうすればスムーズに辞められる? トラブルにならない辞め方例

1467017196304302

アルバイトにも色々とありますので、やはり上司や店長とあわない事や、そもそも仕事内容がハードすぎて、「こんな仕事続けられない…」と思う事もあるかも知れません。
しかしいざ辞めようと思いますと、誰にどう言って、どのくらいのタイミングで辞めるのが良いのか、とても難しいものですよね。

周りに迷惑をかけたくない気持ちもあれば、早く他の会社に行きたいと思う気持ちも。
そんな時のトラブルになりにくい辞め方をまとめました。

<スポンサーリンク>


辞めたいと思った時、まず何をすべき?

アルバイトをもう辞めたいと思った時、どう手続きして何をすべきか、難しいものですよね。

まずこんな時に一番最初にする事は、自分の上司や店長など、「自分の上の人に、辞めたいと伝える」のがスタートです。

この時、アルバイトの先輩や他部署の上司、人事部や、上司のさらに上(社長など)に直接言ってしまう等は、かなりNGです。
後々、トラブルになってしまう可能性が大ですので、まずは自分の直接の上司に一番最初に言う、というところから始めましょう。

お店なら店長になりますし、オフィスワークなら自分の部署の課長あたりになるでしょうか。

上司によっては、すんなりと「わかった」という返事を頂けて、その日のうちに、辞める日やそれまでの仕事の引継ぎなどが決まる事もあります。

辞めたいと言って、「ダメだ」と言われたら?

理解のある上司に恵まれてスムーズに辞める事が出来ればベストですが、実際はなかなか上手くいかない場合もあります。
特に、「もうちょっと続けられない?」「辞めたい理由は何? それが改善されたら続けてくれる?」「ダメ、絶対認めない」といったような言われ方をして、「辞めたいのに辞められない…」となってしまうと困りますよね。

こういった場合、どうするのが良いでしょうか。

いくつかのパターンがありますが、大きく分けると、こういう方法もあるかと思います。

1.「○日には辞めたいです。それまではお仕事を頑張ります」と伝えて、貫く

2.さらに上の上司や、人事部(採用関係の部署)に相談する

3.他のアルバイトを決めてしまう

1.「○日には辞めたいです。それまではお仕事を頑張ります」と伝えて、貫く

もちろん上司と相談して、お互いに納得のいく形で辞める日を決めるのがベストです。
しかし、何を話しても「ダメ」の一点張りで、どうにもならない場合は、辞める日をこちらが決めて宣言してしまう方法もあります。

この時のポイントは、この「○日」の日数を、できれば1か月は先にしておく事です。

ここを「明日やめます」にしてしまいますと、とにかくトラブルが大きくなり、最悪の場合は会社に損害が出てしまい、金銭トラブルが起きてしまう場合も…。
それを避けるためにも、1か月ほどの時間をあけて、「この日に辞めます」と宣言しておきますと、相手にも「○日までに何とかしなければ」という意識が生まれますので、辞める方向に動いてくれやすくなります。

また、直接の上司だけではなく、さらに上の上司や、職場の同僚、他の部署の人など、なるべく多くの人に伝えておきますと、あとで「勝手に何も言わずに辞めていった」と言われる事もありませんので、よりスムーズです。

大きな会社の場合ですと、辞める場合は「○日前までに申し出る事」といった規則がある所も多くあります。
会社の規則にもよりますが、1か月前という所が多めです。会社規則を辞める前にチェックしておくと、よりスムーズに辞める日の調整が出来る可能性もあります。

2.さらに上の上司や、人事部(採用関係の部署)に相談する

例えばチェーン店のお店で、店長が「ダメ、認めない」と言っているような場合ですと、本社や本部、採用関係の部署などに「相談がありまして…」と連絡してみるのも手です。

チェーン店の場合ですと、本部(本社)の指示は大変強いものがありますので、本部側に自分が困っている事を相談する事でスムーズに決まっていく事もあります。
とはいえ、大ごとになってしまう場合もありますので、あまり気軽に連絡する所ではありません。

本当に店長がどうにもならない、店長より上の人は一度もあった事がない…といった「どうしようもない状態」の時の手段として使うと良いかと思われます。

3.他のアルバイトを決めてしまう

1の「○日には辞めます」の宣言のさらに後の話となりますが、まずは辞めると伝えた後、実際に他のアルバイトの求人に応募していくのも大切です。

どうしても「辞めます」と言っても、何とか説得すればうまく引き伸ばして、このまま働いてくれるだろうという上司も多くいます。
また、強く「ダメ、困る」と言われると、どうしても無理を言えない…という性格の方もおられるかも知れません。

こんな時には、あえて他のアルバイトに応募して、できればもう仕事を他で決めてしまうと、辞めるための後押しになります。

他の会社での仕事が決まりましたら、それを今の会社に伝えますと、もう会社側もどうやっても諦めるしかなくなります。
また、自分自身も「もう次の会社の出社の日が決まっている」という状況になりますと、さすがにどれだけ引き止められても、次の会社へ迷惑をかける訳にも行きませんので強い気持ちでいやすくなるのもメリットです。

「絶対に辞めるのを認めない」と言われたら…? 

普通の会社ですと、ここまでしても「辞めるのはダメ」となる会社はありません。
これでもまだ「絶対に認めない」と粘る会社ですと、かなりブラック寄りの会社なのかも知れません…。

こういう場合でも、いきなり「明日からもう来ません」はやはりNG。金銭トラブルなどに巻き込まれるのは、決して得ではありません。

まずは30日ほど先に退職すると宣言して、頑張って残り1か月ほどを働いておきましょう。
その宣言した日を過ぎてしまえば、出来れば正しい退職手続きなどを踏みたい所ですが、最悪の場合は、その日から出社しないという方法もあります。

そこでもし会社の方から、「もし出社しなかったら、どうなるか…」と怖い事を言われ始めてしまった時は、迷わず労働局へ相談しましょう。

詳しくは「労働 相談 東京」や「労働 相談 大阪」といったキーワードで検索をして、労働トラブルの相談窓口へ連絡していきましょう。

まとめ

アルバイトは入るまでも大変ですが、辞める時も大変な事が多いものです。
なるべくスムーズに辞められるように、勤務先の方々と相談しながら進めていきたいものですね。

相談コーナー:「良いバイトって、どうやって探せばいいですか?」 →お答えします!

バイト探しで求人を見ていると「いい事が色々書いてるけど、本当なの?」と思う事が多いですよね。ブラックなバイトに当たらない方法は、実はあります。

それは、応募前に「ブラックっぽい」バイトがわかるアプリを使っておく事なんです。

編集部調べ! 「ブラックを見破るバイト探しアプリはこれだ!」

応募前に雰囲気や受かりやすさがわかるバイト探しアプリを、編集部が調べた結果…、ベストアプリはタウンワークでもanでもなく、「バイトル」でした!

<その3つの理由は…>

1.先輩たちの顔や雰囲気を動画で見られるので、「この人たちのノリは無理…」なバイトを避けられる!

2.そのバイトの競争倍率(受かりやすさ)を見れるので、受かりにくいお店が一目でわかります。(応募バロメーターをチェック!)

3.そもそも「これ無理でしょ…」的なバイト(ブラック系)の掲載が少ないので、応募しやすい!

バイト探しで失敗したくない時には、すぐ使っておきたいアプリでした。もちろん無料ですよ。

バイト 求人情報 アルバイト探しアプリのバイトル
バイト 求人情報 アルバイト探しアプリのバイトル
無料
posted with アプリーチ
<スポンサーリンク>

 - 同じカテゴリの記事 :アルバイトの辞め方解説
 - 同じキーワードの記事: