アルバイトの履歴書 書き方・例文集

企業の採用担当者が教える、受かるアルバイトの履歴書書き方と例文を連載中!

志望動機の答え方 例文:「時給がいい、近い、人間関係がいい」をどう書けばいい?

1459164620279736

今回は履歴書の書き方の中でも、本音をストレートに言い辛い事の多い、志望動機についてです。
「どうしても絶対に入社したい! 御社のここが好きです!」という熱い思いがある時は、それをストレートにぶつけるのが一番の志望動機になります。
ただ、実際問題としましては、アルバイト探しの時には、まとめて複数の会社に応募もしますし、「正直そこまでの志望動機はちょっと持ってない…」という場合が大半です。

<スポンサーリンク>


どうしても「いい志望動機」が浮かばない!そんな時どうする?

そんな時でも。それなりの志望動機に見えるような「うまい書き方のコツ」を押さえておきますと、面接官の印象はぐっと違ってきます。

ホンネ別に解説していきたいと思いますので、お好きな所からご覧くださいね。

なんとなく人間関係がよさそうだったので

「人間関係がよさそうなので応募しました」をストレートに書いてしまいますと、面接官側からは「この人、人間関係がちょっとでもダメだったら辞めるのかな…」という不安を持たれてしまう事も。
そんな時には、あまりストレートに「人間関係」という言葉を書かずに、違う言い回しに変えてしまいましょう。

<例文>

1.今までの社風とは違う環境で働きたいと思ったため

2・明るく元気な社風の会社で働きたいという希望がありましたので、応募しました
 (求人に「明るい社風!」と書いている場合のみ使えます)

3.自分と近い年代の方と長く働いていきたいと思っておりましたので、御社の求人を拝見し、ここだと思い応募しました
 (自分と年代の近い人たちが「○○年代が活躍中!」と書いてある場合のみ)

前の仕事に飽きたから、違う仕事をしてみたかった

「前の仕事に飽きたので」はさすがに、どうやっても履歴書には書けません…。
かといって、やはり同じ仕事ばかりで飽きたので、仕事を変えたいと思うのも自然な事。それを「飽きた」や「嫌になった」「つまらなくなった」などのネガティブな言葉を使わずに、前向き風な言い回しにしていきますと、好印象になります。

いずれの場合も、「新しい何かに挑戦したい」という前向きなチャレンジ精神をアピールする書き方にするのがコツです。

<例文>

1.未経験の仕事を通じて、自分のスキル、経験を磨きたいと考えたため。

2.新しい環境で、違う仕事にも挑戦してみたいという思いがあり応募しました

3.これまでは製造系の仕事が中心でしたが、接客業の経験も積みたいという思いがあり応募しました

ただ近くて時給が良かったから応募しただけです

これももちろん本音とはいえ、やはりストレートには言いにくい内容でもあります。
また、カフェや書店などオシャレなお仕事であれば、「この仕事にあこがれていました」のような書き方で志望動機がうまりますが、例えば少しハード目の清掃のお仕事や、お水関係、クレーム処理関係など「この仕事が好きなんです」が言いにくい職種もあります。
こういう時には、やはり時給やシフトなど、仕事内容以外の所が魅力的なので応募したという書き方しかありません。

そんな時は、なるべく「しっかり稼ぐ必要がある理由」を(重たくならないように)書いておきますと、面接官の納得も得られやすくなります。

<例文>

1.時給と勤務地が自分の生活や希望にあっていると思い応募しました。

2.卒業旅行に向けて貯金をためておきたいと思い、時給と場所が希望にあっている御社に応募させて頂きました
 
3.一人暮らしをしており、学費も必要となりますので、学校とアルバイトが両立しやすい点を魅力に感じて応募しました

4.家計の足しにしたいと思い、近くで子供を預けられる時間だけ働ける求人だったので応募しました

まとめ

アルバイトの志望動機は、いつも「絶対にここに受かりたい!」という熱い思いがあるとは限りません。
正直な志望動機が書きづらい…という時は、言葉の選び方を少し変える事で、本音も「前向きな志望動機」に変える事ができます。

ぜひ、どう書こうかと迷った時はポジティブな言葉で、素敵な志望動機を活かしてくださいね。

あなたのアルバイト面接に幸ありますように!

相談コーナー:「良いバイトって、どうやって探せばいいですか?」 →お答えします!

バイト探しで求人を見ていると「いい事が色々書いてるけど、本当なの?」と思う事が多いですよね。ブラックなバイトに当たらない方法は、実はあります。

それは、応募前に「ブラックっぽい」バイトがわかるアプリを使っておく事なんです。

編集部調べ! 「ブラックを見破るバイト探しアプリはこれだ!」

応募前に雰囲気や受かりやすさがわかるバイト探しアプリを、編集部が調べた結果…、ベストアプリはタウンワークでもanでもなく、「バイトル」でした!

<その3つの理由は…>

1.先輩たちの顔や雰囲気を動画で見られるので、「この人たちのノリは無理…」なバイトを避けられる!

2.そのバイトの競争倍率(受かりやすさ)を見れるので、受かりにくいお店が一目でわかります。(応募バロメーターをチェック!)

3.そもそも「これ無理でしょ…」的なバイト(ブラック系)の掲載が少ないので、応募しやすい!

バイト探しで失敗したくない時には、すぐ使っておきたいアプリでした。もちろん無料ですよ。

バイト 求人情報 アルバイト探しアプリのバイトル
バイト 求人情報 アルバイト探しアプリのバイトル
無料
posted with アプリーチ
<スポンサーリンク>

 - 同じカテゴリの記事 :志望動機の書き方
 - 同じキーワードの記事: ,