アルバイトの履歴書 書き方・例文集

企業の採用担当者が教える、受かるアルバイトの履歴書書き方と例文を連載中!

履歴書を書く時にちょっと気になる疑問 ~退社と退職、一身上と会社都合、どっちが正解?~ 

49333682

今回は、履歴書を書く時に「あれ? どうするんだっけ?」と時々気になる小ネタをまとめました。

普段は気にしないかも知れませんが、ちょっとしたツマヅキになる事もありますので、気になった時には思い出していただけますと幸いです。

<スポンサーリンク>


退職と退社 どっちが正解?

実は正解がありません。

本によっては「退職にすべき」「退社にすべき」「どちらでも」とバラバラになっていますし、統一された回答がありません。

ですので、どちらで書いても構わないのですが、必ず1枚の履歴書の中はどちらかの言葉で、統一するようにだけ気を付けましょう。

和暦と西暦とどっちで書くべき?

平成○○年と書くか、西暦で書くのか、これも微妙に迷う所ですよね。

ルール的に言えば、どちらでもOKが原則です。
先ほどの例と同じように、履歴書の中で和暦と西暦が混合しないように、統一して書いておけば問題ありません。

ただ、実際に応募書類を見ていますと、圧倒的に和暦の方が多いのが実際です。

特にこだわりがないのであれば、やはり和暦で書いておく方が無難です。

「一身上の都合」と「会社都合」の違い、書き分けは?

履歴書を書く時には、退職理由というのは、おおよそほとんどの場合が、「一身上の都合」となります。

会社の解散や、会社都合での解雇など特殊な例以外は、すべて「一身上の都合」で統一するのが普通の書き方です。

では実際に、倒産や会社都合の解雇、早期退職の応募などの場合は、どう書けばいいのでしょうか?

この場合は、「会社都合により」と書くよりは、もっと詳しく書いた方が履歴書上は丁寧です。

例えば、「早期退職により」ですとか、「会社の倒産により」など、理由をはっきりさせておかないと、前の会社で何があったのかがわかりません。

自己都合の退職は必ず「一身上の都合」で書くというルールがありますが、それ以外の方はルールが決まっていませんので、読む人に一番正確に伝わるように書いておくのがベストです。

まとめ

履歴書には「あれ?」と思うちょっとした疑問が案外多いものですよね。
また新たな疑問が見つかり次第、追記していきたいと思います。

相談コーナー:「良いバイトって、どうやって探せばいいですか?」 →お答えします!

バイト探しで求人を見ていると「いい事が色々書いてるけど、本当なの?」と思う事が多いですよね。ブラックなバイトに当たらない方法は、実はあります。

それは、応募前に「ブラックっぽい」バイトがわかるアプリを使っておく事なんです。

編集部調べ! 「ブラックを見破るバイト探しアプリはこれだ!」

応募前に雰囲気や受かりやすさがわかるバイト探しアプリを、編集部が調べた結果…、ベストアプリはタウンワークでもanでもなく、「バイトル」でした!

<その3つの理由は…>

1.先輩たちの顔や雰囲気を動画で見られるので、「この人たちのノリは無理…」なバイトを避けられる!

2.そのバイトの競争倍率(受かりやすさ)を見れるので、受かりにくいお店が一目でわかります。(応募バロメーターをチェック!)

3.そもそも「これ無理でしょ…」的なバイト(ブラック系)の掲載が少ないので、応募しやすい!

バイト探しで失敗したくない時には、すぐ使っておきたいアプリでした。もちろん無料ですよ。

バイト 求人情報 アルバイト探しアプリのバイトル
バイト 求人情報 アルバイト探しアプリのバイトル
無料
posted with アプリーチ
<スポンサーリンク>

 - 同じカテゴリの記事 :アルバイトの辞め方解説, 学歴、職歴の書き方
 - 同じキーワードの記事: ,